深セン日本商工会



<マーケティング >

中国国内販売指南その3 「事業立上げ」の手法

記事概要
本稿では、中小企業の皆様に向け、筆者の経験に基づく「現実的な(理想論ではない)」手法、事例をご紹介する。【3,952字】

以下、中小企業の皆様に向け、筆者の経験に基づく「現実的(理想論ではない)」な手法、事例をご紹介します。 ■前提 多くの中小企業にとって、 ・中国マーケットで自社の商品を販売する事業を成功させることは容易ではない。 ・経営資源は、潤沢ではない。 ・現地における業界人脈は無いに等しく、また中国マーケットを熟知した人材、現地スタッフをマネジメントできる人材、日本本社の経営トップと円滑なコミュ ニケーションができる人材は限られている、或いは存在しない。 ・(生産管理拠点ではなく)販売拠点、販売チームは存在しない、或いは存在したとしても本社が期待する成果を上げることができていない。 ■事業<店舗ビジネス>を成功させるために、何をすべきか まず、日本で行っている事業(及び商品)が中国マーケットにおいて受け入れられる可能性があるか否か、を調査・研究する必要がある。 生活習慣の違い・消費者ニーズの違……