深セン日本商工会



<マーケティング >

中国国内販売指南その4 繊維アパレル産業における日中業務提携(M&A含む)の現状

記事概要
中国の繊維アパレル産業において、規模が大きく資金力がある企業は、川上・川中産業で輸出によって成長を続けてきた企業が多い。以下、中国大手企業による日本企業との提携に関して記載する。【2,065字】

■前提 中国の繊維アパレル産業において、規模が大きく資金力がある企業は、川上・川中産業で輸出によって成長を続けてきた企業が多い。<内需小売り型企業は、ごく少数である> 彼ら中国大手企業は、川下戦略、多角化戦略を志向する際、選択肢の一つとして日本を含む海外企業との提携(又は、M&A)を検討する場合がある。或いは、上場準備の際、事業拡大スピードを速めるために提携(又は、M&A)を検討する場合がある。 以下、中国大手企業による日本企業との提携(又は、M&A)に関して記載する。 ※規模感として、取引(投資)金額20億円超を想定。 ■中国大手企業が懸念するポイント 一般的に中国大手企業は、日本マーケット及び日本独特の流通・商習慣等について熟知しておらず、また個別企業についても業務の詳細を理解していないため、以下の2点を優先的に検討する傾向がある。 ①当該個別企業の中国内販事業の実績、及び今後の成長可能性 ②日本……