深セン日本商工会



<マーケティング >

中国国内販売指南その5 「困った依頼」⇒「適切な依頼」へ

■ビジネスを成功させている企業は、依頼内容が適切である。 実現可能性が低い「困った依頼」ではなく、「適切な依頼」によりロスを省き目的を達成したい。 以下、「困った依頼」事例と、その回答を記載する。 依頼事例①:日本で販売している商品を買ってくれる相手(或いは、販売代理店)を見つけて欲しい。 ※現地での販売組織及びスタッフは存在しないが、委託先の工場は協力してくれる・・・。 回答①:まず、自社が販売したい商品&サービスについて、現地マーケットの実情を知る必要がある。 a)顧客は誰か b)競合他社はどこで、どの様な戦略でビジネスを展開しているか c)上記a)、b)をふまえて、自社はどの様に戦うべきか 次に、自社商品のポジショニングをどう設定するか、更にそれに見合ったマーケティングミックス[1]を立案する。 上記内容を自社だけで実行するか、或いは、現地企業(他社)の力を借りるか、を検討する。 一般的に中……