深セン日本商工会



<マーケティング >

今のアジアと日本の高度成長期を重ねるな

 今でこそ少なくはなったが、消費材メーカーの方々とお話をすると、今のアジアの経済成長を、日本の高度成長期と重ねる方がしばしばいる。この考え方は、アジア市場獲得を目的とした戦略を構築する際に非常に危険だ。  且つて、日本の高度成長期の時代、三種の神器などと言われ、テレビや冷蔵庫、洗濯機などの家電製品を消費者が挙って求めた。メーカーは皆、工場をフル稼働させ、大量生産で市場の要望に応えていった。  今のアジアでも同じことが起こっている。人々の生活が急激に豊かになり、中間層がどんどん増えている。今、アジアには、約9億人の中間層が存在する。それは今後も更に拡大し、テレビや冷蔵庫、洗濯機を求めていくだろう。  しかし、日本の高度成長期の時代と大きく異なるのは、テレビや冷蔵庫、洗濯機は、既に限られたメーカーしか製造できない新しい技術ではないということと、アジアは日本のようは一億総庶民・総同種の特殊……