深セン日本商工会



<マーケティング >

グローバル・アライアンス (少数出資の例)

■前提 アライアンス<※注1>を実行する際には、下記①~③を確認する必要がある。 ①戦略的整合性 自社の基本戦略に基づいて、何のために、どのような経営資源を、どのように獲得(若しくは提供)するかを明確にする。 →必要とする経営資源について、移動・模倣・代替が非常に困難である場合、アライアンスを選択する。   ②「企業文化、目指す成果」共有と経営トップのコミットメント パートナー間で「企業文化、目指す成果」を共有でき、経営トップに長期的な信頼関係を構築する強い意志があること。 →信頼、成果に対する考え方は、各国文化の中で同じではないため注意が必要である。   ③経営資源共有と実行力 価値ある技術、ノウハウ、ネットワーク、販売チャネルなどに双方がアクセスして活用できること。 →双方のアクセスを実現するための体制を作り、効率的に推進できること。   <※注1:説明> アライアンスとは「企業間における経営……