深セン日本商工会



<マーケティング >

機能と品質で戦うな

 誤解を恐れず言うが、日本企業はもうそろそろ機能や品質、そして技術にしがみつくのを辞めなければならない。そんなものを振りかざしても勝てる世界はとうの昔に過ぎ去っている現実を直視すべきだ。  世界はパラダイムシフト(その時代や分野において当然のことと考えられていた認識や思想、価値観などが劇的に変化すること。)を迎えた。アナログの時代、カセットが中心だった市場では、それを聞くためのデッキとして”ウォークマン”が市場を席巻した。その後、デジタル化の時代を迎え、CDやMDが登場し、この時代も引き続き”ウォークマン”が市場をリードした。しかし、時代は今、ICT(情報通信技術)が主となり、MP3が市場の主役に躍り出た。途端に“ウォークマン”は王者の座から引きずりおろされ、その座を奪ったのが“ipod”だ。”ipod”程度の技術や品質の製品を日本企業が作れないわけがないにも関わらず、なぜ市場は“ipod”に取って変わったのか。  ……