深セン日本商工会



<マーケティング >

マネジメントと言う名の押し付け

 私は仕事柄、一年の多くを海外、取り分け新興国で過ごす。中国、インド、東南アジア、中東、南米、アフリカと顧客のビジネスがそこにある限り国は様々である。私に課せられるミッションの多くは各国における顧客の事業戦略や販売戦略を構築することである。時には、構築した戦略を顧客と共に実行することで支援を行うこともある。    良い戦略とは、様々な要素を必要とする。そしてその要素を発揮し、戦略にするために絶対に必要なものが“情報”である。正しい情報で実態を可視化できなければ良い戦略など到底立たないからだ。従って、弊社では新興国中で多くのリサーチを行っている。競合の実態や流通構造の把握など、産業調査もあれば、消費者の実態を可視化する消費者調査も行っている。

 様々な国で、その国々に合った戦略を構築する際、当然ながら国ごとに異なるお国柄が非常に大きく影響してくる。広義では、政治や経済、文化などを確……