深セン日本商工会



<マーケティング >

シャープから学ぶ、技術力では勝てない時代

液晶テレビで一世を風靡したシャープ。ブランド名「AQUOS」は、日本人なら誰もが知っている最高品質の液晶テレビの象徴だ。そのシャープが今、台湾・鴻海(ホンハイ)との提携に翻弄され、かつてない危機に瀕している。

ディスプレイバンクによると、2011年の薄型テレビ(液晶・プラズマ)の世界シェアは、1位がサムスンで20%。2位はLGで13%。韓国勢2社で市場の33%を占めている。

対して、日本勢はというと、3位のソニーが9%、4位のパナソニックと5位の東芝がそれぞれ7%。6位に6%のシャープがいる。 日本勢6社でもサムスン、LG2社のシェアには届かない。そして、下にはTCL、ハイセンス(HISENSE)、スカイワース(SKYWORTH)、チャンホン(CHANGHONG)、コンカ(KONKA)、ハイアール(HAIER)といった中国勢が迫っている。

最近ではシャープばかりに目がいってしまうが、これは決してこれはシャープだけの話では……