深セン日本商工会



<コラム >

【中国深読みコラム】第11回~日中間の四つの政治文書~

記事概要
【1,149字】

9月4日の北京共同電に、“中国の習近平国家主席は9月3日、「抗日戦争勝利記念日」に合わせた重要講話を発表し「中国は中日関係の発展に努力し四つの政治文書を基に中日関係の長期の安定的で健全な発展を望んでいる」と述べ、両国関係の改善に意欲を示した。昨年12月に安倍晋三首相が靖国神社を参拝後、習氏が公の場で日中関係の改善に意欲を表明したのは初めて。一方で習氏は「歴史を否定することは許されない」とも述べ安倍政権をけん制した。”との記事が掲載されました。説明なしで「四つの政治文書」とありますが、これらの文書とは一体何を指すのでしょうか?来る11月に北京で開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳級会議で日中首脳会談は実現するのか、の試金石とも言える日中間の四つの政治文書を今回は深読みしたいと思います。 日中双方の国民の80%以上が相手国に良くない印象を持つとの世論調査が発表され、現在は戦後最悪の日中……