深セン日本商工会



<マーケティング >

【中国深読みコラム】第20回~中国のエネルギー資源産業~

6月30日パリを訪問中の李克強首相は、今年年末にパリで開催されるCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)に臨む中国案の温室効果ガス削減目標を、条約事務局に提出したと発表しました。その骨子は、2030年に二酸化炭素(CO2)排出量をピークとし、2005年に比べ60~65%減らし、一次エネルギーの約70%を石炭に頼る現状を転換し、非化石燃料の割合を20%まで増やす、というものです。

自動車、家電・IT産業に続き、今月は我々の生活に欠かせないエネルギー資源を取り上げます。自動車や家電は動かすためのエネルギーが必要ですね。ガソリンや電気がないとせっかくの便利な文明の利器は動きません。普段なにげなく当たり前に使っているこれらの資源は、中国ではどうなっているのでしょうか? 中国のエネルギー消費量は毎年増加を続けており、世界全体の25%を占める世界一のエネルギー消費国となっています。人口が多いので当然といえば……