深セン日本商工会



<法務 >

投資の「逃げ道」(前篇)

「後悔先に立たず…」

 近年の中国においては、投資案件の完了後、しばらくして投資者が後悔するケースがしばしば見受けられる。投資のハイリスクは、中国における投資の新たな「常識」となっており、大成功といえるプロジェクトはそれほど多くない。  「結局のところ相性が悪い」、「そういう『人間』とは想像すらしていなかった」——投資に失敗する理由は、結婚の失敗理由と類似するものが多い。離婚は感情のもつれを理由に認められるのに対し、失敗した投資から逃れるためには、事前の工夫が求められ、場合によっては離婚より遥かに難しいものといえよう。

「当初結婚していなければ…」

 時間を巻き戻すことができるのであれば、投資の失敗を回避するにはどのような「秘訣」があるのだろうか。  投資先や交渉相手に関する十分な調査(ビジネス、財務、法務、信用にわたる各方面の調査を含む)はもちろん重要であるが、可能……