深セン日本商工会



<法務 >

企業名称の新規則についての簡潔な紹介

一、「使用禁止・制限規則」及び「比較対照規則」の公布に至った背景

「中華人民共和国会社登記管理条例」の規定によると、会社設立にあたり、まずは登記機関にて名称の仮認可を申請しなければならない。しかしながら現在、名称認可に係る規定は「企業法人登記管理条例」、「会社登記管理条例」、「企業名称登記管理規定」、「企業名称登記管理実施弁法」及び工商総局の関連規範文書などに散在している。これらの規定が煩雑で不明瞭であるために、会社設立では「ネーミング困難、効率低下」といった問題に直面している。

2017年4月19日、国家工商行政管理総局(以下、「工商総局」という)は「登記の効率を向上させ、企業名称登記管理改革を積極的に推進することに関する意見」を公布し、2017年10月1日までに各等級の企業名称のデータベースを完全開放し、企業名称照会・比較対照システムなどを構築し、整備することにより企業名称登記の……