深セン日本商工会:3月及び1-3月期の主要経済指標
深セン日本商工会



<マクロ経済 >

3月及び1-3月期の主要経済指標

記事概要

1-3月期のGDPは19兆8783億元であり、実質6.8%の成長となった 。2017年は1-3月期6.9%、4-6月期6.9%、7-9月期6.8%、10-12月期6.8%である。第1次産業は8904億元、3.2%増、第2次産業は7兆7451億元、6.3%増、第3次産業は11兆2428億元、7.5%増である。付加価値に占める3次産業のウエイトは56.6%、2次産業は39.0%、1次産業は4.4%である 。第3次産業の成長率に対する寄与率は61.6%、第2次産業は36.1%であった。
前期比では、1.4%である。2017年は1-3月期1.5%、4-6月期1.8%、7-9月期1.8%、10-12月期1.6%の成長である。
これを需要項目別の成長率への寄与率でみると、最終消費は77.8%、資本形成は31.3%、純輸出は-9.1%であった 。



(PDF書類)