深セン日本商工会:環境保護政策の圧力が企業に与える影響を法的視点から考察する
深セン日本商工会



<法務 >

環境保護政策の圧力が企業に与える影響を法的視点から考察する

2016年以降、国は環境保護への取り組みをますます重要視し、中央環境保護監督検査組による全国各省での一斉監督検査、北京・天津・河北における「青空を取り戻す」運動、環境保護税法の正式な発効などの「環境保護政策圧力」の影響を受け、多くの企業が環境条件の改善、移転、ひいては会社閉鎖、稼働停止に追い込まれている。例えば、「三廃」とされる廃水、廃ガス及び固体廃棄物の排出問題があることを理由に、環境保護部門に800万元超の巨額な過料に処されたため、最終的には生産を停止せざるを得なくなってしまったA社のケース、また、その入居先の園区が環境アセスメントを通過していなかったため、住所移転を検討するしかないB社のようなケースもある。

企業を閉鎖する場合も、一時的に生産停止したうえで移転する場合も、企業と従業員との労働関係に影響が生じてくるはずであり、また、企業が住所を移転する際には、転出元となる場所での固……