深セン日本商工会:中国税関の「税政策調査研究」
深セン日本商工会



<法務 >

中国税関の「税政策調査研究」

-企業において知るべき中国税関の制度-

中国の税関には、「税政策調査研究」という制度があり、特に最近、輸出入に携わる外資企業から多大な関心を寄せられるようになっています。しかし、まだ広く一般に知られるには到っていないと考えられることから、本稿において、その概要、重点となる業種・製品などを中心に、この制度の簡潔なご紹介をしてみたいと思います。

1.外資企業にも注目され始めた「税政策調査研究」

輸出入に携わる企業は、その多くが次のような事態に遭遇し苦悩しています。

•輸出入製品が国のマクロ戦略と適合する輸出入製品であっても、輸出入税則においては一般製品と区分されず、関税率の優遇を受けられない。

•国が発展を奨励する産業に属していても、現行の関税率、輸出還付税率の設定上、いずれの優遇も受けられない。

•先進技術を導入しようとしても、関連する税則税目に不合……