深セン日本商工会:2018年1月1日施行「不正競争防止法」の商業賄賂条項を考察する
深セン日本商工会



<法務 >

2018年1月1日施行「不正競争防止法」の商業賄賂条項を考察する

概要: 「中華人民共和国不正競争防止法(2017年改正)」が2018年1月1日から施行された。 今回の改正で、商業賄賂の収受主体、商業賄賂の目的の範囲、商業賄賂の処罰基準などが調整された。本稿では、新・旧法令を比較しながら、商業賄賂に関する条項の変更箇所を考察する。

本文:

「中華人民共和国不正競争防止法(2017年改正)」が2018年1月1日から施行されている。本稿では、今回の改正による商業賄賂に係わる法令上の変化を簡潔に分析する。その他の改正内容については、「LeeZhao Newsletters_Issue 556_20171031-20171106_cn&jp」を参照されたい。

紙幅の都合上、旧「不正競争防止法」を以下「旧法」と称し、改正後の「不正競争防止法」を以下「新法」と称し、「商業賄賂行為禁止に関する国家工商行政管理局による暫定規定」(国家工商行政管理局令第60号)を以下「暫定規定」と称する。

まずは下表にて、新……