深セン日本商工会



<労務・人材 >

病気休暇に関し注意すべきポイント

中国では、労働法の関連規定に基づき、会社は従業員が罹患したときに病気休暇を取得する権利を付与しなければならない。しかしながら、実務上、従業員が罹患していないにも関わらず、人脈を利用して医師に虚偽の病気休暇証明書を発行してもらう、又は、病欠しても会社に対して休暇を申請しない、若しくは速やかに休暇を申請しないといった状況がしばしば見受けられる。こうした事態はいずれも会社の正常な業務に悪影響をきたすものであると考えらえる。 本稿においては、会社の日常人事管理においてこうした行為が発生したときの対応方法及びそのリスクについて、裁判例を踏まえて簡潔に説明したい。

1.虚偽の病気休暇の取得

病気休暇とは、文字どおり病気にかかったために取得する休暇である。従業員が罹患を理由に休暇を取得するということは、当然のことながら病気の際には休息が必要であるという事実が前提となる。この事実を最も直……