深セン日本商工会



<法務 >

上海の工業用地の減量化と企業移転の実務について

上海市建設用地の規模は極限近くまで達しており、土地の供給と需要の不均衡が目立ち、又建設用地が分散して配置されており、構造上も矛盾が多く、用地の利用効率が低いなどの問題を抱えている。産業高度化及び集約的土地利用を推進するために、政府は、上海市の都市長期計画を踏まえて、一部のまばらに点在する、利用効率の低い工業用地を他の用途に転換することで上海全体の建設用地のバランスのとれた、持続し得る発展を実現させようとしている。これが上海工業用地減量化(以下「減量化政策」)実施に至った背景である。後文では、Q&A形式で減量化政策による企業への影響について分析する。

Q1:どの区域の企業が減量化政策の影響を受けることになるのか。

係る法律法規によると、上海市政府は工業用地に対して分類管理を実施しており、それらは下表の通りである。

土地のタイプ 主な法的根拠 簡潔な説明 リスク ……