深セン日本商工会



<コラム >

支援者の有効活用:現地化は目的ではなく手段である

今回のテーマは、本社からの支援者の有効活用です。

ここで取り上げる支援者とは、緊急対応の応援者ではなく、現地の人材育成、レベルアップを目的とした方々を指しています。

製造現場、品質、生産管理、営業、技術など、本社から支援者を招いて管理や業務のレベルアップを図っている会社は少なくないと思います。

現地の赴任者だけだと、日常の他業務に手を取られて、なかなか、営業担当者や技術サービス員と顧客現場を回ったり、じっくり製造現場の様子を観察したりすることができませんので、支援者が来てくれるというのは、心強く、普段できない活動を展開するのに有効です。

一方で、「せっかくの機会をもっと有効活用できるのではないか」、「一過性の変化に終わらせず持続的なレベルアップに持って行くにはどうすればいいか」、と感じている経営者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、支援……