深セン日本商工会



<コラム >

支援者の有効活用:現地化は目的ではなく手段である(後編)

今回は支援者に活躍してもらうためのポイントの後編です。

●もっと!支援者活用のポイント ①最初の一週間は指導しない ②夕会・朝会を行う ③課題分析・提案に条件をつける

前回、最初の一週間は実態把握と指導方針固めに使った方が効果的。 急がば回れというお話でした。

何度も支援で来ている支援者の方には一週間も不要でしょうが、前回からの変化、浸透度、なぜそのような情況になっているのかを把握することは大切です。

やはり最初は現場を観察してもらい、経営者・部門管理者と見立てや方針を共有してから指導に着手した方が効果的だと思います。

②夕会・朝会を行う

できれば、支援者と経営者・管理者で朝会または夕会を行うと効果的です。 シンプル・短時間で構いません。 内容は以下の共有です。

□観察事項(課題点、評価点、目についたその他事項) □指導内容 □経営者・管理者か……