深セン日本商工会



<労務・人材 >

従業員のコンプライアンス問題(利益相反、利益移転、業務上横領)の対処と処理

従業員は雇用主(又は「会社」)が発展していくうえで無視できない重要な役割を担っている。しかしながら、ひとたび会社が発展して大きくなると、会社の従業員が私利私欲にとらわれて不正行為を働いたりすることもしばしば発生する。雇用主の利益を守り、従業員によるコンプライアンス問題の発生を効果的に防止するためには、雇用主はこのような問題に対し、意識的に策略をめぐらせて処理しなければならない。そのためには、雇用主は、よく見られる従業員によるコンプライアンス問題をよく理解し、且つ対処手順を熟知したうえで、これらによってもたらされるマイナスの影響を効果的に防ぎ、迅速に処理し、引き下げるようにしなければならない。

一、従業員によるコンプライアンス問題の典型パターン

従業員によるコンプライアンス問題にはさまざまなパターンがあり、例えば、従業員がサプライヤーと結託し、架空取引を行ったり、虚偽の経……