深セン日本商工会


マクロ経済関連記事一覧

[19/6/13]4月の主要経済指標(PDF)田中修

(1)物価
①消費者物価
 4月の消費者物価は前年同月比2.5%上昇し、上昇率は3月より0.2ポイント加速した。都市は2.5%、農村は2.6%の上昇である。食品価格は6.1%上昇し(3月は4.1%)、非食品価格は1.7%上昇(3月は1.8%)している。衣類は1.8%上昇、居住価格は2.0%上昇した 。1-4月期では、前年同期比2.0%の上昇である。

[19/6/6]2019年経済・財政報告のポイント(PDF)田中修

3月5日、国家発展・改革委員会から全人代に対し、「2019年度国民経済・社会発展計画」が、財政部から全人代に対し、「2019年度中央・地方予算」が、それぞれ書面で報告された。そのポイントは以下のとおりである。

[19/5/20]3月の主要経済指標(PDF)田中修

1-3月期のGDPは21兆3433億元であり、実質6.4%の成長となった 。2018年1-3月期6.8%、4-6月期6.7%、7-9月期6.5%、10-12月期6.4%である。第1次産業は8769億元、2.7%増、第2次産業は8兆2346億元、6.1%増、第3次産業は12兆2317億元、7.0%増である。付加価値に占める3次産業のウエイトは57.3%、2次産業は38.6%、1次産業は4.1%である 。3次産業の成長率への寄与率は61.3%、2次産業は36.9%であった。
前期比では、2018年1-3月期1.5%、4-6月期1.7%、7-9月1.6%、10-12月期1.5%、2019年1-3月期1.4%である。
これを需要項目別の成長率への寄与率でみると、最終消費は65.1%、資本形成は12.1%、純輸出は22.8%であった 。

[19/4/1]2019年政府活動報告のポイント(PDF)田中修

はじめに
3月5日、全人代が開催され、李克強総理が政府活動報告(以下「報告」)を行った。このうち、2019年の経済政策関連部分の主要なポイントは以下のとおりである 。

[19/3/19]1月の主要経済指標(PDF)田中修

(1)物価
①消費者物価
 1月の消費者物価は前年同月比1.7%上昇し、上昇率は12月より0.2ポイント鈍化した。都市は1.8%、農村は1.7%の上昇である。食品価格は1.9%上昇し(12月は2.5%)、非食品価格は1.7%上昇(12月は1.7%)している。衣類は1.6%上昇、居住価格は2.1%上昇した 。
(参考)(2018年2.1%)6月1.9%→7月2.1%→8月2.3%→9月2.5%→10月2.5%→11月2.2%→12月1.9%→1月1.7%

[19/2/2]2018 年の主要経済指標(PDF)田中修
[19/1/7]11月及び1-11月期の主要経済指標(PDF)田中修
[18/12/5]10月及び1-10月期の主要経済指標(PDF)田中修
[18/11/5]9月及び1-9月期の主要経済指標(PDF)田中修
[18/10/2]8月及び1-8月期の主要経済指標(PDF)田中修
[18/9/11]7月及び1-7月期の主要経済指標(PDF)田中修
[18/8/6]6月及び1-6月期の主要経済指標(PDF)田中修
[18/7/4]5月及び1-5月期の主要経済指標(PDF)田中修
[18/6/12]4月及び1-4月期の主要経済指標(PDF)田中修
[18/5/7]3月及び1-3月期の主要経済指標(PDF)田中修
[18/3/30]2月及び1-2月期の主要経済指標(PDF)田中修
[18/3/20]1月の主要経済指標(PDF)田中修
[18/2/13]2017年の主要経済指標(PDF)田中修
[17/12/6]10月及び1-10月期の主要経済指標(PDF)田中修
[17/11/6]9月及び1-9月期の主要経済指標田中修
[17/10/4]8月及び1-8月期の主要経済指標(PDF)田中修
[17/9/12]7月及び1-7月期の主要経済指標(PDF)田中修
[17/8/4]6月及び1-6月期の主要経済指標(PDF)田中修
[17/7/31]下半期の経済政策(PDF)田中修
[17/7/10]5月及び1-5月期の主要経済指標(PDF)田中修
[17/7/3]脱貧困座談会(PDF)田中修
[17/6/1]4月及び1-4月期の主要経済指標(PDF)田中修
[17/4/28]3月及び1-3月期の主要経済指標(PDF)田中修
[17/4/14]2017年経済・財政報告のポイント(PDF)田中修
[17/4/10]2月及び1-2月期の主要経済指標(PDF)田中修